ビールによる痛風を防止できる乳酸菌とは

夏の時期になりますと、ビールなどは美味しい季節になります。私の親戚も、ビールが非常に好きですね。ほぼ毎日のようにそれを飲んでいるのですが、残念ながらそれには1つネガティブな効能もあります。それが尿酸値なのですね。それが増大してしまうと、かなり痛い思いをする事になりますので注意が必要です。ですが乳酸菌で、それが解消される事もあります

ビールによる痛風とそれを予防する為の乳酸菌

ビールは確かに美味ではあるのですが、あの中に含まれている物質は人間の尿酸値を増加させてしまうのです。それに伴って、いわゆる痛風になってしまう事が多いのですね。
尿酸値は、血液検査によって計測する事ができます。定期的に行われる会社の健康診断を受けてみると、それを計測する事ができるのですが、基準値を大幅に上回っている時には要注意です。ビールの成分などによってそれが大幅上昇している訳ですが、前述の通風で激痛を伴ってしまう事があるからです。

痛風で一番怖いのは、歩けなくなってしまう点ですね。内科の医師も歩けなくなるほど痛くなる等と表現している位ですから、やはり相当な痛みを伴うのでしょう。ですので普段からビールを多く摂取している方は、ちょっと尿酸値には気をつけた方が良いですね。

ところが一部の乳酸菌は、その痛風を改善してくれるとと見込まれているのです。具体的にはPA-3という乳酸菌なのですが、それは血液中の尿酸値を減らしてくれると証明されているのです。
以前にマウスを用いた実験によって、その尿酸値の変化が確認されました。上記の乳酸菌を含む物を与えたマウスと与えなかったマウスとでは、尿酸値の変化が生じていたからです。ですのでその乳酸菌を含む物を摂取すれば、痛風の改善が見込める訳ですね。

痛風というのは、意外と身近な病気です。ビールの摂取次第でその病気になってしまう確率が高まる訳ですから、それを予防する意識はやはり大切でしょう。尿酸値が上昇しないように、普段から工夫するのは大事だと思います。
ところで最近では、コンビニなどでその痛風を改善させる為のヨーグルトなども販売されています。いわゆる黄色いパッケージに入っているヨーグルトで、その中には痛風改善の為の乳酸菌が含まれているのですね。現時点で販売されている乳酸菌の商品で、痛風を予防できるのはそのヨーグルトだけです

ですので普段からビールを飲んでいるような方は、ちょっとコンビニで販売されている黄色のヨーグルトを検討してみると良いでしょう。

Comments are closed.